思いのまま

皆さまの気になること、まとめます

*

インフルエンザの予防接種で腫れを冷やすのはアリ?原因やベストな対処法

   

スポンサードリンク

e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_sみなさん、今年のインフルエンザ対策はばっちりですか?
会社で予防接種を受けさせてもらえる所も多いですよね。

しかし、接種した後赤く腫れてしまったり熱を持ったりする人も多く、これらの副反応で不安になってしまう人もいるはず・・・。
そんな時はどうしたら良いのでしょうか?
改めて適切な対処法を知り、安心して今年の冬もインフルエンザに立ち向かえるようにしましょう!

 

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種で腫れた箇所を冷やすのはアリ?

良く出てしまう副反応としては

腫れ・かゆみ・痛み・赤み・熱を持つ

等がありますね。
これらは特別な反応ではなく、誰もが出る可能性のある副反応の一部です。

保冷剤で冷やしたり、湿布を貼り様子を見ても全く問題はありません。
どうしても個人差が出てしまうので、気になってしまうようでしたら、安心の為にも症状を落ち着かせるような対処はした方が良いです。

通常は数日で症状が改善されるので、様子を見るようにしましょう。
逆に、気にしすぎたり、掻きすぎたりなど、患部を刺激するような事はしてはいけません!
こうすると、症状が更に強く出てしまいます。

 

 

インフルエンザの予防接種で腫れる人の原因

予防接種は、「インフルエンザワクチンと呼ばれる毒性を排除・弱くした病原体を投与する」という物です。
これによって、投与された病原体に対する抗体が体内に出来上がり、実際の病原体に感染した時の症状の予防・悪化を防ぐ事ができます。

予防接種を受けて腫れ・赤み・かゆみ・痛み等の副反応が起きるのは、ワクチンに対して身体が正常に反応して抗体が作られている証拠だと言う事。
つまり正常反応とも呼べますね。
個人の体質やその時の体調等も関係してくる為、反応が出る・出ないの違いが生まれてきます。
また、インフルエンザの予防接種は皮下注射(注射器の針を浅く入れ、皮膚の表面に薬を注入する方法)なので、筋肉注射(針の角度を立てて筋肉の中に薬を注入する方法)よりも腫れやかゆみが起こりやすいとも言えます。
これらの症状は正常な反応なので、特に心配に思う必要はありません。

 

 

インフルエンザ予防接種の腫れをひかせる良い対処は?

一般的には腫れ等の症状は2〜3日程度でおさまるとされているので、基本的には余計な刺激を与えないで様子を見るのが1番です。
どうしても気になってしまうようでしたら、濡らしたタオルで冷やしたり、湿布を貼ったりして様子を見ても良いでしょう。
この時は、なるべく氷や保冷剤は避けて下さい。
あまり冷やし過ぎると刺激になってしまう事も考えられるので、濡らしたタオル程度にしておきましょう。
そして、冷やす際には余計に揉んだりしないように注意する事も大事です。
心配ならば、入浴・飲酒・運動も控えるようにしましょう。
これらは体温が上がってしまい、症状が悪化する可能性もあります。

 

 

まとめ

予防接種は毎年受けている!という人も、あまり定期的には受けていない・・・という人も、接種後の過ごし方は大事な部分です。
もし、接種後にあまりにも症状がおかしいと言う時は、過剰な反応を起こしている可能性もあるので、すぐに医師に診てもらうようにしましょう。
不安に感じたときは、早めの診察を心がけましょう!

 

 

スポンサードリンク

 - 健康 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

赤ちゃん 寝室の暑さ対策!シーツの汗がひどい時は?アイスノンはあり?

スポンサードリンク 冬の寒さがやわらいで温かくなってくる時期って、ほんとに幸せ感 …

赤ちゃんの暑さ対策を知りたい!車は?夜は?お出かけのベビーカーは?

スポンサードリンク 年々上がる平均気温、熱中症により救急搬送される子供も増えてい …

スーツのウエストがきついとき!自分での緊急対策方法や広げるグッズとは

スポンサードリンク これからお子さんが、卒園、卒業、また入園、入学など、新しい生 …

正月太り解消ダイエット 今大注目なのはコレ!夜だけで効果が出る&美肌も叶う方法とは

スポンサードリンク 今年のお正月は暴飲暴食してしまって、正月太りがとっても気にな …

子供の尿の色が濃いときの原因はこれ!親が気を付けるべきなのは?

スポンサードリンク 子供が小さいころって、おしっこやうんちは、健康かそれとも何か …

花粉症かもと思ったら病院行くべき?気になるアレルギー検査費用や治療内容

スポンサードリンク 年中花粉が飛んでいる日本で、今まさに花粉のピークと言える時期 …

赤ちゃんへアイスをあげるなら何歳からがベスト?甘すぎない手作りレシピも紹介

スポンサードリンク 今年は「春はいつ終わったの?」と思ってしまうくらい暑くなる時 …

夏こそ筋トレで女子ボディに自信を!4日に1回?細くなった?疲れって?

スポンサードリンク これから夏に向けて露出が増え、きれいなスタイルで夏を迎えたい …

大腸がんって気づかない?初期症状や早期発見時の治療のことも知っておこう

スポンサードリンク みなさん、お腹の調子は毎日快調でしょうか? 健康な身体に大事 …

赤ちゃんの日焼け止め 顔に塗ってもいいの?目の周りには?落とし方も

スポンサードリンク だいぶ日差しも強くなってきて、「我が子にも、そろそろ日焼け止 …