思いのまま

皆さまの気になること、まとめます

*

子供が野菜嫌いな理由って?克服に一歩近づくおすすめ簡単レシピやグッズは?

   

スポンサードリンク

06a7193a7e7bff82fcb5b3f04bf51897_s毎日子供のメニューに頭を悩ませているお母さん!
私も同じです!
子供といっても、小学生などある程度大きくなれば食事の大切さに気づき、自発的にいろいろな料理に手を出してみるかも知れません。
でも、問題なのは離乳食期を終えた幼児期。
2歳程度〜4、5歳の時期です。

このころの子供は、「好きなものを好きなだけ食べる」ことにしか興味がありません。
親がいくら「お野菜は体にいいから」「お菓子は食べ過ぎちゃダメ」なんて言ってもどこ吹く風。

「うちの子、お野菜が嫌いで・・・。どんなに細かくしてもよけちゃうのよ!」なんて声、どこかで聞いたことがありませんか?
もしくは自分で言ったことはありませんか。

幼児期の発達に欠かせない栄養は、やっぱり食事からしっかり摂らせてあげたいですよね。
ここでは、そんな悩めるママさんたちの手助けになるようなアイディアをご紹介します。
 

スポンサードリンク

子供が野菜嫌いな理由って?

d1e662932ffa132691b95227303d5dda_s
子供が野菜を食べない理由は、ほとんどが「味」の問題といえます。
ご飯やパン、お肉やお魚と違い、野菜にはそのものの味があまりないか、もしくは苦いなど味が強すぎる傾向があります。

また、人間の本能として「暖色系」のものは「甘い」というイメージがあり、果実などの成熟を見分ける指標となっています。
対して、主立った野菜は緑や白などの「寒色系」。
子供たちは本能的に「おいしくなさそう」と判断し、食わず嫌いになっているという説があるのです。

また、離乳食期を過ぎたばかりの2〜3歳児にとっては、葉物野菜など固い繊維の多いものは食べにくく、飲み込みづらいため敬遠されるということもあります。

 

野菜嫌いな幼児向けレシピで簡単なものを紹介!

見た目にも、味にも、幼児にはとっつきにくい野菜ですが、その見た目や味を変えてあげることで少しでも「嫌い」という気持ちを無くしてほしいですよね。
よくある、「玉ねぎやピーマンをみじん切りにしてチャーハンに入れたが、よけて食べた」というのも、お母さんの苦労に反して報われないものです。

食事作りは毎日のことですから、できれば時間をかけずに作れるようなお料理がいいと思います。
そこでおすすめしたいポイント!「すりおろす」という調理法です。
にんじん、だいこんなどの根菜は、ゆでた後でもゆでる前でも、比較的簡単にすりおろしができ、みじん切りよりも細かくすることができます。

すりおろしたにんじんをホットケーキミックスに入れて焼けばキャロットパンケーキ、すりおろしただいこんを片栗粉と混ぜて焼けばいももちならぬだいこんもち。
これだと野菜の見た目がなくなりますし、触感もほとんど繊維を感じません。

また、キャベツ、白菜などの葉物、なすやトマトなどのひとくせある野菜などは、スープにして形がなくなるまで煮込むという手もあります。
なすやトマトは皮や種を取らないといけないので多少面倒ではありますが、たくさん作って1日目はコンソメスープ、二日目はシチューの素を入れてクリームスープ、三日目はカレーにしてしまう、といった風に味を変えれば飽きずに食べられますよ。

 

野菜嫌いな幼児に絵本はいかが?

16d872ede54d66fc5ee1fa2024be78f7_s
嫌いな野菜を隠す、味を変える、という先ほどのレシピももちろん有効ですが。
苦手から逃げちゃダメ!ここはひとつ野菜を好きになってもらおう!というガッツのあるママさんは以下を参考になさってください。

まずは子供が野菜自身を好きになる、身近に感じてもらうことから始めてみるというのもひとつの手です。
それには「絵本」が一役買ってくれますよ。

書店に行って絵本コーナーに行ってみましょう。
食べ物をモチーフにした絵本って意外と多いものです。
食材そのものをキャラクターにしたものや、人間や動物などのキャラクターがお料理をする話などから、食べるシーンがあるだけのものまで、なんでもいいので子供の興味を引きそうなものを選んでみてください。

そして、食卓でその絵本とできるだけ同じものを出してみる。
もしくは絵本片手に一緒に料理してみる。
これだけで、すんなり苦手が「大好き!」に変わったりするものです。
「ダメでもともと」と思って、次の休日には本屋さんに行ってみてはいかがでしょう?

 

まとめ

子供の野菜嫌いは今に始まったことではありません。
だれしも子供の頃は嫌いなものがあっただろうし、今でも苦手なものがひとつはあるはずです。

大事なことは、「少しでも食べられたら褒める」「食べられなくても叱らない」、この二つです。
工夫したレシピや絵本の力を借りて、食事の時間をより楽しくすることで、少しでも好き嫌いを克服できたらいいですね。

 

スポンサードリンク

 - 料理・レシピ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今年もそうめんで夏を乗り切れ!日持ちは?こどもレシピは?残りでアレンジは?

スポンサードリンク 長い長い夏休み。 母親にとって大変なことの1つと言えば、子供 …

手作りチョコは何日前に作るのがベスト?賞味期限や渡すまでの保存方法は?

スポンサードリンク そろそろバレンタインが待ち遠しくなる時期になってきましたね。 …

彼氏が喜ぶサンドイッチの具材は?男性ウケするおすすめ6選

スポンサードリンク 一年に一度の桜の美しい季節がやってきましたが、20代位の若い …

ホンビノス貝とハマグリの違いは?美味しい食べ方も紹介

スポンサードリンク 最近スーパーでホンビノス貝ってよくみかけませんか? 「今まで …

筋肉痛の回復を早めるのに効果的な食べ物は?牛乳ってどうなの?

スポンサードリンク 「昔はもっと運動できたのに」なんて年を重ねるごとにいろいろ思 …

おにぎらずのお弁当 簡単おすすめの具材!おかずはどうしたらいい?

スポンサードリンク お花見シーズンのこの季節、付き合い始めた彼氏とのお花見デート …

栗のオススメな食べ方は?焼くときの注意点ってあるの?電子レンジでも調理は可能?

スポンサードリンク 季節は移り変わり、そろそろ秋も近づいて来た頃・・・。 今頃の …

土鍋ご飯の美味しい炊き方!おこげのススメやくっつくご飯対策も

スポンサードリンク 土鍋で炊くご飯は、少し手間暇はかかりますが、炊飯器では出来な …

コーンスターチと片栗粉の違いとは?代用のときに気をつけたい分量は?

スポンサードリンク 料理のレシピでコーンスターチがいるので買ってみたものの・・・ …

今年はうなぎのたれにこだわりたい!おいしいのは?あまりは?レシピは?

スポンサードリンク 美味しいうなぎが食べたい! でもお店で食べるのはすごく高いか …