思いのまま

皆さまの気になること、まとめます

*

インフルエンザ予防接種1回目と2回目のベストな間隔はどのくらい?違う病院でも受けられる?

   

スポンサードリンク

38be3ae592cfbc2a4362cdad84dafcff_s

冬が来る前にやっておかなければならないこと、それはインフルエンザの予防接種です。

すでに1回目の接種が終わったという方、2回目の接種の予約はお済みですか?
まだの方、これから予約するにあたって、2回目の接種に最適な期間はいったいいつなんでしょう。ちゃんとご存知の方は少ないですよね。

また、1回目を受けた病院にちょっと不満はありませんでしたか?2回目は別の病院を検討されている場合、それが可能なのかも知りたいですよね。

すぐに読めるように簡単にまとめておきましたので、ご覧になっていってください。

 

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種1回目と2回目のベストな間隔はどのくらい?

インフルエンザの予防接種は、子供は2回の接種をすることになっています。

1回目と2回目の間隔は、1~4週間ほど開けることが望ましいとされています。

さらに効果を高めるためには3~4週間空けるのがベストとされていますので、すでに1回目を受けられた方は、できるだけ3~4週間後になるように次の予約をされることをお勧めします。

因みに、3歳未満の子供についてはできるだけ4週間までには2回目を済ませることが必要で、3歳以上の子供については1回目の接種でほぼ抗体ができています。
4週間以上空けても特に問題はないということです。

予防接種後、1~2週間で抗体ができはじめ、2回目の接種1ヶ月後が抗体数のピークと言われています。

その頃にインフルエンザが流行を迎える年末あたりになるように、計画的に接種の予約を取ることができれば安心でしょう。

また、子供はすぐに体調を崩してしまいがちなので、せっかく予約を取った日に風邪をひいてしまったりすると延期しなければいけなくなります。

間隔がずれることで繁忙期と重なって予約が取り辛くなりますし、なるべくベストのタイミングで受けさせたいですよね。

ですから、2回目の接種が終わるまでは体調にも十分配慮して、万全の状態で予防接種が受けられるようにしておいてください。

 

インフルエンザ予防接種 2回目は違う病院でも受けられる?

1回目の予防接種が終わり、帰り際の受付で2回目の予約も受けてくれる病院もあると思います。

ですが、病院までのアクセスが悪いとか、混んでいて予約が取り辛いとか、病院の対応がちょっと・・・などという場合はどうしたらいいでしょうか。

実は、インフルエンザの予防接種は2回とも同じ病院で受けなければいけないということはありません。

他の各種予防接種にも言えることですが、病院側で母子手帳などに記録してくれる履歴を見せれば、1回目と違う病院でもちゃんと予防接種を受けられるのです。

病院ごとにワクチンのメーカーなどが違うことはありますが、料金や型番が違ってもワクチンの内容までは大きく異ならないため、病院を変えて接種しても問題はありません。

インフルエンザの予防接種は自由診療なので、特に病院側に断ることもありませんし、こちらの都合で病院を変えても不利益はないと考えてください。

 

まとめ

c2207037a011e694663395652d71b653_s

インフルエンザの流行時期は毎年12月~2月とされています。

ワクチンを接種してから免疫ができるまでには2週間以上かかるといわれていますので、流行し始めてからの接種では免疫が十分に作られていない時期に罹患する恐れがあります。

ほとんどの病院では10月下旬~11月初旬にはインフルエンザの予防接種を始めますので、できるだけ早い時期に予防接種を受けることが必要です。

ワクチンの効果が切れはじめるのは2回目の接種のあと3~6ヶ月なので、十分に流行期間はカバーできるといえるでしょう。

予防接種は100%の予防になるわけではありませんが、かかったとしても重症化することは予防でき、周りに移すリスクも減らせます。
小さいお子さんはもちろん、ママやパパも積極的に接種することが大事です。

特に、1歳未満の赤ちゃんには予防接種の効果がかなり薄いことから接種を受け付けていない病院が大半ですので、赤ちゃんのいる家庭の方は全員が予防接種を受けるのがベストです。

 
インフルエンザについてのこちらの記事もどうぞ。
インフルエンザの予防接種で腫れを冷やすのはアリ?原因やベストな対処法
インフルエンザの予防接種後運動禁止の理由は?入浴や翌日以降はどうする? | 思いのまま

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

尿の色が濃い理由は?仕事の疲れやストレスには要注意

スポンサードリンク 自宅での健康チェックはもはや常識となっている昨今ですが、みな …

尿の色が濃い理由は?赤ちゃんの水分不足サインは見逃さずに!

スポンサードリンク こんにちわ^^ 本当に暑い毎日が続いて、私は少し夏バテ気味で …

祖母の熱中症対策を学ぼう!予防と喜ばれるグッズも紹介

スポンサードリンク 暑さの厳しい毎日が続いていますが、みなさん体調は大丈夫でしょ …

赤ちゃんへアイスをあげるなら何歳からがベスト?甘すぎない手作りレシピも紹介

スポンサードリンク 今年は「春はいつ終わったの?」と思ってしまうくらい暑くなる時 …

コレステロール値上昇の原因は?数値を下げる食事メニューや調理時にできる対策を紹介

スポンサードリンク 私は30代も後半になってから、急激に健康に自信が無くなってき …

生姜の保存 栄養冷凍のやり方が知りたい!期間についても

スポンサードリンク 万能食材である生姜は、健康な体作りにはかかせない優秀な野菜と …

花粉症の目のかゆみ 目薬以外のおすすめ対策法。水道水で洗うのはNGって本当?

スポンサードリンク ついに今年から花粉症にかかってしまい、目のかゆみでお困りの女 …

子供の海での日焼けがとってもひどい!症状は?薬は?アフターケアは?

スポンサードリンク 今回家族旅行で海水浴に行ったら、子供がひどい日焼けをしてしま …

生姜の粉末の効能を徹底解析!手軽で栄養もバッチリ摂れる使い方についても

スポンサードリンク 生姜は冷え性の改善に大きな効果を発揮する食材で、世間での認知 …

熱中症対策サッカー部員が最も気を付けるべきことは?食べ物や帽子にも気を配ろう

スポンサードリンク 熱中症が気になる季節。 体が暑さに慣れてない6月ごろから熱中 …