思いのまま

皆さまの気になること、まとめます

*

2週間で完成!夏休み自由研究、小学3年生男の子には日時計がおすすめ!

      2017/06/30

スポンサードリンク

日時計写真

夏も近づいてきてきましたね!

お子様がいらっしゃる方は、毎年悩みに悩んでしまう自由研究・・・

子供が自分だけでできる自由研究をやってほしい!

けれど、毎年夏休み後半になってもなかなか取り組んでくれないので、何か親から勧めたいけど何がいいかな?と迷っているパパママ!

今年は、子供に「日時計」をお勧めしてみてはいかがでしょうか?

今回は我が子の自由研究「日時計」の経験談を含めて、まとめてみました。

 

スポンサードリンク

夏休み自由研究の日時計はどんなことをしたの?

手作りの日時計を使って、1日の太陽の動きを10日前後計測して影の動きを調べました。

工作用紙に100円ショップで売っている、ペットボトルの先につけて植木に水をあげるグッズを貼り付け棒の代わりにし、家の前の交差点のど真ん中(住宅街なので車はほとんど通りません)で、1時間おきに日時計にできる影の一番高い位置を計測していく作業をしました。

 

夏休み自由研究は毎日行なう?

毎日やっていました。しかし、一時間おきに計測する予定だったのですが、遊びに夢中になり、気づいたら、時間がずれてしまったりなどもしました。

計測は、10日前後ほどやりましたが、計測するとき、1日の何時から何時まで、計測するのか、しっかり初めに計画を立ててやるのが、ポイントです。

(たとえば、10日前後、毎日13時~15時までの2時間、自分にできるように計画させるなど)

 

今回の夏休み自由研究でのおすすめポイント

・よかったと感じていた点

計り始めた日と最後の日で影の長さ、日の暮れる時間が違うことに本人が気づき、夏休みの始まりほど太陽が高い位置にあって、日々高さが少しずつ変わっていくことを実際に目で見て気が付いていました。

また、1時間でも計り忘れないために家族全員で協力して日時計に集中し、時間になったら大騒ぎして計りにでるという一体感が楽しかったです。

・気になった点

やり始めた時に道路の真ん中ではじめてしまいました。

1時間おきに道路の真ん中に出ないといけなかったため、危ないので子供本人だけで計ることができず、共働きの我が家では親のお盆休み1週間をフルにつかって毎日1時間おきに計りに外に出るというのが単純ですが大変でした。

 

まとめ

以上、日時計を実際に子供が行ってみた経験談でした。

日時計は、時間通りに計測することさえできれば、簡単にできますね!お子様の自由研究にもお勧めですので、実際にやらせてみてはいかがでしょうか?

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 学習, 自由研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読書感想文の書き方 小学生でも絶対書けるコツはこれ!親からの提案例も

スポンサードリンク 今年も暑い夏がやってきましたね!今年の夏休みはたくさん遊ぶぞ …

自由研究小学生におすすめ 自分の名字の由来を調べる!体験談

スポンサードリンク 娘が小学2年生の時。 夏休みの自由研究は何にするか悩みに悩ん …

期末テストの期間って中学校はどのくらい?勉強はいつから?LINEはお休みさせたい!

スポンサードリンク こんにちわ^^ 今回はそろそろ中学校のテストの時期も近づいて …

大学のテスト勉強はいつからすればOK?仕方は?行かないってやっぱりヤバイ?

スポンサードリンク 大学1年生の皆さん!! 大学に入って楽しい日々を過ごしていま …

すぐできる理科自由研究はものの溶け方!まとめ方も紹介!

スポンサードリンク 理科の自由研究。と聞くだけでちょっと身構えてしまいますよね。 …

夏休みのおすすめ本厳選 小学生高学年向き。ママ40人に聞いてみました

スポンサードリンク こんにちわ^^以前小学校低学年向けの本のお勧めをしましたが、 …

夏休みの自由研究でおすすめな植物観察は?娘が好きなことを生かせたワケとは

スポンサードリンク 小学生になって初めての夏休み!お子さんにとって、ドキドキワク …

賞状ももらえたよ!小学1年生女の子の自由研究でおすすめなのは?経験談あります

スポンサードリンク 今回は、小学1年生で、初めての自由研究。 短期間でできて、か …

雲の観察を自由研究してみよう!観察時のポイントやまとめ方についても

スポンサードリンク 今年の自由研究はいつも空を見上げるとそこにある「雲」の観察に …

キアゲハの幼虫の自由研究!三年生の夏休みの経験談

スポンサードリンク 夏休みの自由研究、毎年親子共々悩んでしまいますよね。 そこで …