思いのまま

皆さまの気になること、まとめます

*

尿の色が濃い理由は?赤ちゃんの水分不足サインは見逃さずに!

   

スポンサードリンク

c062632e354fab9cf6f468ef8cde41f3_sこんにちわ^^

本当に暑い毎日が続いて、私は少し夏バテ気味ですが、皆さまは大丈夫でしょうか?
こんな暑いときにこそ、健康に気を使わなくていけません!

今回は【赤ちゃんと健康】に関して、様々な疑問を一つ一つまとめていきますね。

 

 

スポンサードリンク

尿の色が濃い理由は?

まず健康なおしっこの色というのは、薄い黄色、水分を取りすぎていたらほぼ無色です。

母乳のみを赤ちゃんに与えている場合、赤ちゃんは一般的に一日7回前後以上の薄い黄色の尿をします。

尿の色が濃くなる原因に、尿に含まれる成分の「ウロビリノーゲン」という成分が空気に触れる事で酸化して色が濃くなる事があります。

他にも、飲食ができる年齢のお子様の場合でしたら、飲食した食べ物や飲み物(風邪薬などの薬剤も含む)の、着色料などの色素などにより、尿の色が変わることもあります。

 

 

尿の色が濃いのは水分不足が原因の場合も

【尿の色が濃い理由は?】で説明した以外にも、水分不足により尿の色が濃くなる事もあります。

特に夏の暑い季節は濃くなりやすいですね。

水分摂取をいつもと同じようにしていても、赤ちゃんは元々代謝が良い上に、夏はとても汗をかきやすいんです。
軽く動いただけでも汗をかきやすいので、すぐに水分不足となります。

ですから、他の季節よりも、こまめな水分補給が必要です。
また、清潔な衣服(通気性のあるものがお勧めです)にこまめに着替えさせることを心がけてください^^

 

 

尿の色が濃いのは朝一番だから?

尿の色が濃いのは朝一番だから?と言うのはあまり関係がありません。

朝一番に濃い尿が出る事が多いのは、上で説明した通り、水分不足で濃くなる事があるからです。

暑くない日でも、寝ている間に寝汗をかいてしまいます。
この寝汗で、体の中から水分が排出されて水分不足になるので、朝一番の尿の色が濃くなる理由となります。

 

 

まとめ

以上、尿の色が濃くなるのはなぜ?をここまでまとめてみました。

赤ちゃんと接していて、「あれっ」いつもとなにか違うな・・・など、なんとなく心配な事がありましたら、早目にお近くの病院に連れて行くことをお勧めします。

何もない事が一番ですが、何かあったときの場合、発見が早ければ早いだけ、早く治りますので^^

全国的に猛暑になるそうなので、皆さまもどうぞ水分補給はまめに行い、健康に気をつけてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今年2015年夏バテにやられている頑張り屋のママへ!熱中症との違いは?食事の対策は?クックパッド1位は?

スポンサードリンク こんにちわ^^ 今年ももう5月に入り、もう夏なのか!というく …

スキニージーンズで健康被害!?確認しておきたいリスクと最適なサイズの選び方

スポンサードリンク こんにちわ(^-^) 暑い日が続くようになってきました! 梅 …

宿便と便秘の違いって?色や形ってどんな感じ?

スポンサードリンク 宿便、という言葉をご存知ですか? 宿便とは、日々の排便ですべ …

花粉症の目のかゆみ 目薬以外のおすすめ対策法。水道水で洗うのはNGって本当?

スポンサードリンク ついに今年から花粉症にかかってしまい、目のかゆみでお困りの女 …

花粉症の咳症状って風邪に似ているの?見分け方についても

スポンサードリンク 国民病の一つと言われている花粉症、ついに今年から花粉症デビュ …

夏の冷え性 靴下を履いたまま寝るのはいいの?私が愛用しているおすすめはコレ!

スポンサードリンク 今や季節関係のない冷え性ですが、20代の女性の中にはあらゆる …

赤ちゃんの風邪薬でシロップ市販ってどうなの?副作用や上手な飲ませ方

スポンサードリンク 夜中や休日、赤ちゃんの急な発熱は困りますよね? また、赤ちゃ …

柔軟剤で静電気防止に効果あり 私のおすすめ6選!花粉症対策にも

スポンサードリンク 花粉が多く飛び交うこの時期は、女性の方だと特に洗濯物の干し方 …

夏本番!子供と寝るときはコレが一番!服装は?かける?涼しくするには?

スポンサードリンク 冬の寒い間は一緒に寝ているとお布団を暖めてくれる子供ですが、 …

生姜の粉末の効能を徹底解析!手軽で栄養もバッチリ摂れる使い方についても

スポンサードリンク 生姜は冷え性の改善に大きな効果を発揮する食材で、世間での認知 …